ゆるっとおたミニマリストブログ

ミニマリストを目指しているオタクのゆるゆる趣味ブログ

未分類

自分の機嫌を良くしてあげられるのは自分だけ

投稿日:

自分の機嫌を良くしてくれるのは自分だけ

あなたの機嫌はあなたで取らなければ

他人はあなたの機嫌をとってくれることはないだろう。

そもそも人は自分以外の人にそれほど興味がない。

家族や友人ならいっときは機嫌をとってくれるかもしれないが

そのいっときが、自分の求めていることではないかもしれない。

自分の事がわかるのは自分だけ

短時間自然の中で何も考えずぼーっとするだけ

森や公園に行って散歩するだけでも。

ストレスが下がるようなので私も日課にしたいと思っています

ですが、散歩する前に思ったことは

散歩コースについてだった

どこにどのルートで行ったらいいかわからない

あんまり遠くに行って帰りがしんどいのは嫌なので

とにかく自宅から歩いて5~10分の所にある公園に行ってみました。

久しぶりに晴れたお昼過ぎに公園に行ってみて

全然人が居なかったし、ベンチもあるので散歩にきて

こちらで本を読んだり瞑想をしたるするのもいいと思いました。

ただ小さい虫がすごくたくさんいる…

(寒くなったらいなくなるかな?)

行ってみてわかったことなので新たな発見!

陽の光にあたり、外を少し歩いただけでしたが

かなりストレス解消されたと思います。

散歩に行く前は考えがまとまらず、モヤモヤしていたのですが

帰ってから作業に取り掛かると驚くほど頭がリセットされました。

このストレス解消方はほんとに短時間で出来るし

効果があるのでおすすめです。

自分の事を丁寧に扱う

自分の身体をケアをしてあげるだけでも機嫌が取れます。

とにかく自分を丁寧に扱う

■手や爪のケア

ハンドクリームを塗ったり

爪を整えて百均等で売っている爪磨きで表面をケアしてあげる

手や爪に関しては視界に入りやすいのでここが整っているとご機嫌になれる。

■髪のケア

トリートメント等

■肘や膝やかかとの角質落とし

色々自分でも出来ることなのでおすすめです。

自分を丁寧に扱って自分のご機嫌を取りましょう

携帯やテレビとの接触

■携帯に関して

近年デジタルデトックスというのが流行っているようです

デジタルデトックスとは完全にデジタルを手放すというわけではなく

健全にデジタルデバイスやインターネットと

付き合っていくために行うものです

ちょっとした空き時間や待ち時間にスマホを見ないということから

始めてみてはいかかでしょうか?

デジタルデトックス効果

  • 気持ちがスッキリする
  • 目の疲れが取れる
  • 脳の疲れが取れる
  • 睡眠の質が良くなる
  • ストレスが減る

などいろいろな効果があるそうです。

■テレビ

最近はテレビを持っていないという方も増えてきていますが

見たい番組だけみるというのなら良いのですが。

ダラダラと見てしまっては時間の無駄遣いになってしまいます。

またテレビは人に購買意欲を高めるトリックをしていたり

視聴者にお金を使わせようとしてくるので

うまく付き合っていきたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トイレ掃除をすると運気が上がるのは何故? 

こんにちはルカです今回はトイレの話 「トイレ掃除をすると運気が上がる」 なぜトイレ掃除がそのように言われているか トイレ掃除はどのようにするのか、と色々探っていきたいと思います。 こんな方に… なぜト …

業務用スーパおすすめ商品2019年

今回は業務用スーパーで私がリピ買いしている商品を紹介します。 最近行き始めたのでまだまだ調整中です。 (写真も次回に追加します) 業務用スーパーでリピ買い必須商品 ■炙りとろサーモン 288円 (3食 …

物事には原因があって結果がある。後悔のない人生を

今回は最近身にしみて感じている。 「物事には原因があって結果がある。」 について書いていこうと思います。 私の経験談も混ざりますがお付き合いください。 今あなたの周りで起こっていることはあなたが望んだ …

節約をして貯金をする方法

こんな方に 節約したいがどこからしていいかわからない。 効率的な節約方法が知りたい方 無駄遣いを減らして貯金をしたい。 まずは家計簿 これは基本ですが意外と忘れがちなこと 自分が何にいくら使っているか …

ミニマリストについて

こんにちはルカです。 今日はミニマリストについてを記事にしていきたいと思います。 ミニマリストとは… 流行っているミニマリスト 一言で言ってしまえば 物が少ない人 かもしれませんが、実際もっと奥が深く …